PC、ゲーム、デジタル機器などの初心者向けの話題や小技などをつらつらと……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Loading...

ドスパラセレクトDP-9153のRAID Managerユーティリティーをインストールしてみる

 先日導入した外付けドスパラセレクトの「DP-9153」だが、これは単なる外付けHDDケースではなくRAID機能搭載のケースのため、その機能をフルに活かすためには専用のユーティリティーを付属CDからインストールする必要がある。

 ただ個人的にはRAIDを構築するとデータの取り回しが若干面倒になると思っているため、基本RAIDは一切組まずに搭載HDDをそれぞれ独立した別ドライブとして使用する「CLEAN」モードでの使用を前提としているので、ユーティリティーソフトは正直不要なのだが、取りあえずは一応インストールしておくことにする。

 なお、ユーティリティーのインストールはDP-9153をPCと接続する前に行う必要があるため、接続ケーブルは抜いておくか、DP-9153の電源は入れないようにしておく。

 ちなみにDP-9153の商品紹介とユーティリティーの導入方法は、ドスパラ公式のこちらの製品レビューでも紹介されているが、バージョン違いかそれとも単なる説明間違いかは分からないが、付属CD内のフォルダ構成に若干差違があったため、自身の備忘録代わりに今回ここで紹介することに。
 それではインストール作業開始。とは言っても目的のプログラム(SETUP.exe)さえ見つけてしまえばそれで終了なので、難しいことは何ひとつとしてない楽な作業だったりする。

インストールCD

 まずは付属CDをPCにセットして、CD内を開く。CDに映り込んでいるのは観葉植物なので気にしないように(笑) この時点ではまだDP-9153をPCと接続しないこと。

えらく複雑化してる

 上記が展開したCD内。ドスパラ公式の製品レビューでは「ドライバCD内の「JMB394」>「Windows」フォルダ内のSETUP.exeを実行してください」とあるが、見ての通り付属CD内のフォルダ構成がこの説明と異なっている。

 取りあえず「JMB394」と「Windows」のふたつのフォルダ名を参考にSETUP.exeを探していくと……

分かり辛すぎる仕様

 ようやく発見。場所は「BIOS」>「JMB394」>「Update Tool」>「Windows」。公式説明とはえらく場所が違う……

 後はこのSETUP.exeを起動すれば、ウィザードが展開して自動的にインストールされる。

 インストールが終了後「RAID Manager」を起動すると上記の画面が表示されるので、ここでDP-9153の電源スイッチを入れてPCと接続するとRAID ManagerにもDP-9153が認識される。
 ちなみに公式説明だと、DP-9153の電源投入後にHDDを追加してもこのRAID Managerが表示されるとのこと。

 後のRAID設定等については公式説明の方が詳しいので、そちらを参考に。

 RAID設定はケースの方でも設定できるようだが、いちいちケースの裏側のディップスイッチをいじるよりソフトウェア的に行った方が楽そうではある。
 またRAIDを利用しない場合でもHDD追加日時などのイベントログを取得・確認できるため、インストールしておいた方が何かと便利だと思う。

Loading...
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

雪陽炎

Author:雪陽炎
 PCやデジタル機器類いじりの他にも、あれやこれやと趣味を持つ器用貧乏な奈良県民。
 初心者向け兼自身の忘備録としてPC及びデジタル機器関連の情報をまとめてます。

参加ブログランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサ-ドリンク
最新コメント
最新トラックバック
Amazon
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

スポンサードリンク
本館/別館サイト
カテゴリ
ブックマーク
最近のチェックリスト / PC関連
最近のチェックリスト / AV関連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。