PC、ゲーム、デジタル機器などの初心者向けの話題や小技などをつらつらと……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Loading...

Exact Audio Copy でのCDイメージ作成エラーを手動で修正する

 ここ最近の音楽は基本的にCDをExact Audio Copyでイメージファイルとして保存しておき、AVアンプに接続したPC上で再生するのがMyデフォルトスタイルとなっているが、ごくたまにイメージ化したファイルがエラーを起こしてうまく読み込めないということが発生する。

 使用しているソフトウェア類は以下の通り。

 ■ イメージ化 : Exact Audio Copy
 ■ 再生 : MusicBee
 ■ イメージファイルのマウント : DAEMON Tools Lite

 CDのイメージ化自体は特にエラーもなく正常に終了し、生成されるWAVファイルも単体では問題なく再生可能なことから、同時に作成されるCUEシートの方に何かしら問題があるのではと思っていたら案の定だったので、その解決方法を以下に備忘録として残しておこうかと。

 とは言ってもすることは非常に簡単で、

 1.CUEシートをメモ帳で展開する
 2.エラーの原因と思われる当該箇所を削除・記述変更等で修正する

 だけとなる。
 まずは念のためCUEシートのコピーを作成し、保存しておく。こうすればヘンに中身をいじってしまっても簡単に元も戻すことが可能。

 コピーの保存が完了したら、修正したいCUEファイルをメモ帳で展開して作業開始。

 イメージマウントの際にエラーを起こす原因はこれまで経験してきた中でいくつかあり、主な原因としては、

 ■ 部分的に文字化けを起こしている
 ■ 最初のトラック部分のINDEXが「00:00:00」となっていない
 ■ 指定WAVファイル名と実際のWAVファイル名が異なっている

 などがある。今回のトラブルは部分的な文字化け、具体的にはタグフィールド「CATALOG」の部分の文字化けが原因だったので、その部位を削除した。
 CUEシートにおける「CATALOG」のタグフィールドはイメージ化したCDのカタログ番号、JANコードを記述する部位だが、このタグがなくとも問題なくCUEシートは読み込めるので今回はこのタグ部分を丸ごと削除した。

 修正後CUEシートを上書き保存し、問題なく読み込めるかどうかを確認すれば作業完了。

 今回は明らかな文字化けだったのでそれが問題なのは明らかだったが、CUEシートを読み込む音楽ソフトの互換性等が問題になっている場合もあるので、そうなると問題点の発見と解決方法の模索はもう少し面倒になるかも……

 実際古いバージョンのMusicBeeではCUEシートの「PERFORMER」のタグが問題となり全トラックを正常に読み込めないというトラブルが発生したため、CUEシートに「PERFORMER」タグを記述しないように設定を変更したこともある(EACオプション>ツール>「CUEシート作成時にCD-TEXT情報を使用する」のチェックを外す)。

 今回のような特的箇所の文字化けといった問題は、どちらかというと古いCDをイメージ化する際に起こることが多いような気がするため、イメージ化時のEAC側のエラーというよりも古いがゆえにそのCDの情報が正しくネット上のデータベースに存在していないことが原因かもしれない。

Loading...
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/09/22(木) 02:57 | | #[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

雪陽炎

Author:雪陽炎
 PCやデジタル機器類いじりの他にも、あれやこれやと趣味を持つ器用貧乏な奈良県民。
 初心者向け兼自身の忘備録としてPC及びデジタル機器関連の情報をまとめてます。

参加ブログランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサ-ドリンク
最新コメント
最新トラックバック
Amazon
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

スポンサードリンク
本館/別館サイト
カテゴリ
ブックマーク
最近のチェックリスト / PC関連
最近のチェックリスト / AV関連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。