PC、ゲーム、デジタル機器などの初心者向けの話題や小技などをつらつらと……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Loading...

【PC冷却性能強化計画】フロントパネル&スロットカバー交換

 これからの夏に向けて気温の上昇が見込まれるため、少しでのPCの冷却性能を向上させるべくフロントパネル及びスロットカバーを通気性のあるパーツと交換してみた。

実はお値段結構したのよね……

 購入&使用したのは、AINEXの「スリット入りスロットカバー PA-010SL」と、Groovyの「ケース用フロント5インチパネル メッシュタイプ」の2点。
 ケースフロントとリアの両方に新たな吸気・排気部分を設けることで、ケース内のエアフローの効率化を図ることが今回の狙い。
同類品は他にも多数

 スロットカバーは5枚入りと、ちょうど良く交換予定の空きスロットと同数だったのがありがたい。ちなみにこの製品の後継品がつい先日発売されたばかりだが、スリットの形状の好みからこちらをチョイス(後継品は細い長方形のスリット形状)。

Groovyってメーカー聞いたことないけど

 フロント5インチベイ部分のパネルと交換して使用する、メッシュタイプのパネル。同様の製品は他にも多数あるが、これはケースを分解せずとも自由に取り外しができるタイプのため、メンテナンス性を考慮してこの製品をチョイス。

1枚当たり結構高いけど

 裏側には埃侵入防止のためのフィルターが付属。ワンタッチで取り外しができるこのタイプはフィルター掃除も極めて楽。

ドライバー1本で作業可能

 まずはスロットカバーの交換から。まずは既存のスロットカバーを外し、

これだけで涼しくなった気がする(笑)

 スリット入りカバーと付け替えるだけという、失敗する方が難しい超簡単な作業。敢えて気をつける部分があるとすれば、鋭い部分での切り傷などに注意する程度。

色が黒くなっただけで重厚感が増すな……

 裏側からの様子。元々このケースはゲーミングPC用のため通気部分が非常に多く、このカスタマイズに大して意味はないかもしれないが、まぁ気分の問題もあるということで(笑)

この状態の方が通気性良さそうだが(笑)

 次はフロントパネルの交換。今回使用するのはワンタッチで取り外し可能なタイプのパネルのため、何とか既存のフロントパネルさえ外せれば……

このケースにはうまく装備できた

 わざわざ派手に分解せずとも、このようにフロントパネルを交換可能。ただケースによってはうまく交換できない場合もあるため、事前に自分のケースにうまく装備できるか要確認。

3つ換えると結構見栄え変わる

 未使用の5インチベイ3つともメッシュタイプと交換。さらにエアフロー性能の向上を図るなら、何らかの手段で現在空いている5インチベイにファンを固定して使用するという手も。
 ただこの3つの5インチベイの内ひとつは密かにSSD用として使用しているので、もしファンを固定するとなると使用できるのは多分80~90mm級のものだけになるかも……。

 取りあえず通気性の向上はこれで完了。後日サイドパネルにファンを追加することでさらに冷却性能を向上させる予定。

 しかし実のところ、このPCは最初から冷却性能が高い&そもそもPC内が不必要に高温になるほど酷使することは少ないので、あんまり冷却性能で困っていることはなかったりする。
 今回のカスタマイズの一番の目的は一応冷却性能向上もあるが、それ以上にケース内気圧を正圧とすることによる無駄な埃の侵入防止が主だったりする。

 そこら辺のことも、サイドパネルへのケースファン追加の際に一緒に紹介してみようかと。

Loading...
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

雪陽炎

Author:雪陽炎
 PCやデジタル機器類いじりの他にも、あれやこれやと趣味を持つ器用貧乏な奈良県民。
 初心者向け兼自身の忘備録としてPC及びデジタル機器関連の情報をまとめてます。

参加ブログランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサ-ドリンク
最新コメント
最新トラックバック
Amazon
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

スポンサードリンク
本館/別館サイト
カテゴリ
ブックマーク
最近のチェックリスト / PC関連
最近のチェックリスト / AV関連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。