PC、ゲーム、デジタル機器などの初心者向けの話題や小技などをつらつらと……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Loading...

増設HDDの初期不良チェック

 先日増設した内蔵HDD「WesternDigital WD20EZRX」を、本格導入前に初期不良がないかどうかチェックしてみることに。

 HDD、特にバルク品は基本的に保証がないあるいはあっても期間が短いものが多いため、HDDの初期不良チェックは特に自作PC派閥な人間にとっては割と重要な作業。
 また今回購入したWDのHDDのように2年間などの長期保証がついているものであっても、不良を抱えたHDDを使ってしまうと重要なデータが消えかねないので、HDDの初期不良チェックは出来る限り行っておくことを推奨。

 HDDの初期不良チェックの行程を簡単にまとめると、

 ■ HDDメーカーサイトより、HDDチェックツールをダウンロード
 ■ HDDチェックツールでフォーマットやゼロフィル書き込みなどのチェックを行う
 ■ 全チェッククリアで合格、ひとつでもエラーが出たら初期不良

 となる。今回はWD製のHDDなのでWDのツールを使用した初期不良チェック行程での紹介だが、基本的にどのHDDメーカーも自社製HDD用のツールは公開しており、手順や検査項目はどれもそう大差ない。
 一応他社製HDDでもチェック可能なツールもあるようだが、特別な事情がない限りはHDDメーカー純正のツールを使用するようにすると余計なトラブルがなくて安心できる。

 まずはWDのメーカーサイトより、WD製HDDチェックツール「WesternDigital Data LifeGuard Diagnostics(通称DLGDIAG)」のWindows版をダウンロードしてインストールする。
 この時点でHDDはPCに接続しておくこと。Windowsの管理ツールでフォーマットしなければWindows上からはHDDを認識しないがツールでは認識できるので、増設HDDは接続しただけでOK。

DLGDIAG for Windows

 ツールを起動したら、増設したHDDを選択。選択するHDDを間違えるとデータ消去等の悲惨な目に遭うので要注意。
 またこのツールではSMART状態のチェックも可能で、SMARTの各項目に問題がなければ「PASS」と表示される。

選択したHDDの型番などは要再確認

 チェックしたいHDDをダブルクリックするか、右クリック→「Run Diagnostics」でチェック項目が表示される。

作業は慎重に

 チェック項目一覧。上から順に、

 ■ QUICK TEST :先頭と末尾のセクタのみの簡易検査。数分程度で作業終了。
 ■ EXTEND TEST :不良セクタ発見のため全領域フルスキャン。
 ■ WRITE ZEROS :全領域に00の書き込み(ゼロフィル)と物理フォーマット(Low Level Format)。全セクタの再配置を行うためHDD上の全データは消去される。
 ■ VIEW TEST RESULT :各検査の結果表示。

 HDDの初期不良チェックに必要なのは不良セクタを発見及び不良部分を正常部分と代替処理のため、必要となる項目はEXTEND TEST(不良セクタの発見)とWRITE ZEROS(不良セクタの代替処理)。
 正確にはゼロフィル処理はデータの全消去だが、結果的に全領域への書き込みを介して不良セクタの代替が行われるため、初期チェックには必須の作業となる。今回は、

 1.EXTEND TEST
 2.WRITE ZEROS(FULL ERASE)
 3.QUICK TEST

 以上の手順でチェックを行った。WRITE ZEROSはQUICK ERASEとFULL ERASEの二択があるが、QUICK ERASEはHDDの先頭と末尾の一定範囲セクタのみへのゼロフィルしか行わないため、初期不良チェックはFULL ERASE選択を推奨。
 より万全を期すならWRITE ZEROSはQUICK → FULLの順で二度実行し、その後もう一度EXTEND TESTを行う方がいいみたいだが、EXTEND TEST及びWRITE ZEROSのFULL ERASE処理は2TBで4~6時間ほどかかるため、時間的な都合もあり今回は省略した。

 HDD初期不良チェックはそうでなくても長い作業となるため、睡眠中や外出中などの空いている時間を利用して行うのが吉。

SATA3接続で約4時間半かかった

 各作業を開始すると、終了目安時間や実際の作業時間などのダイアログ表示が出てくる。また各検査後、VIEW TEST RESULTを選択することで検査結果を表示することも可能。作業に問題がないようなら、「Test Result」に「COMPLETE(項目によっては「PASS」)」と表示される。
 これらの作業を順次行い、その全てにおいてエラーが検出されずに無事終了したらHDDに初期不良はなしと判断して、次はWindows上での論理フォーマット等の作業を行ってHDDを実際に使用できる状態にする。

 HDD初期不良チェックは長時間かかる上に一歩間違うと重要なデータを全消去してしまいかねない危険な作業でもあるので、重要なデータが入ったHDDは事前にM/Bからケーブルを抜いておくのもひとつの手かと。

 今回は時間的都合もあって簡略化した手順での初期不良チェックだったが、もし次回また機会があれば、

 1.EXTEND TEST
 2.WRITE ZEROS(QUICK ERASE)
 3.WRITE ZEROS(FULL ERASE)
 4.EXTEND TEST
 5.QUICK TEST

 のフルチェックを行ってみたい。

 タイの洪水でのHDD価格高騰の一件でHDDは特に問題なくとも1年に1回ぐらいは新品を増設した方が色々と捗るということを学んだので、その機会は多分そんなに遠くない気もするが……。



Loading...
コメント
No title
こんばんは。
今回初めてHDD増設するのですが、この初期不良チェックの解説は
大変参考になりました。

1つ質問なのですが、こうして初期不良チェックをしたあとに
「Windowsの管理ツールでフォーマット」をすれば良いのでしょうか?

Windowsの管理ツールでフォーマットにもいろんな設定があるようですが
どんな設定がベストかご教授お願いします。
2013/02/22(金) 19:12 | URL | mojojojo #-[ コメントの編集]
Re: No title
mojojojoさん、こんばんは。お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
結論から言うとWindows管理ツールでのフォーマットは別途必要になります。
Windowsの管理ツールで行うフォーマットはいわゆる「論理フォーマット」に該当するもので、これを行うことで新たに増設したHDDのファイルシステムの定義やパーティーション分けなどを行います。
詳しくは「Windows フォーマット」などの単語で検索してもらった方が分かりやすいかもです。

で、どんな設定がベストかという質問に関しては、mojojojoさんの使用OSの種類や増設HDDの用途が分からないので何とも言えません……
もし現在Win7を利用しているなら旧来のOSとは選択肢がかなり異なっているので、こちらも一度「Windows7 フォーマット 初期化」などの単語で詳しく調べながらの方が安全そうです。

一応私は、

 ■ ファイルシステムは「NTFS」(旧OSとの混在のため「ExNTFS」は除外)
 ■ パーティーションテーブルは「MBR」(上記同様&増設HDDが2TB範囲内のため)
 ■ パーティーションは1TB-1TBに区切る(バックアップの利便性のため)

という設定にてフォーマットしました。旧OS(XP)との混在使用のため、新方式のHDD管理よりも旧OSとの互換性の方を優先したかったので。

……とまあこのようにHDDのフォーマットはPC環境や使用用途によって大きく変わるため、落ち着いてひとつずつ自分のPC環境と比べて調べながら行うのが一番良いかと。

あまりお役に立てずに申し訳ありません。しかしHDDフォーマットはある意味危険な作業ではありますが、手順的にはウィザード形式で行えるためそれほど難しいわけでもないので、落ち着いて作業すれば大丈夫だと思います。

もしまた何かありましたら、ご連絡いただければ可能な範囲内ではありますがお手伝いさせていただきます!
2013/02/23(土) 20:33 | URL | 管理人(雪陽炎) #-[ コメントの編集]
No title
管理人さん、お返事ありがとうございます。

やはり初期チェック後にフォーマットというのは必要なんですね。
管理人さんの言うとおり検索してみた結果

ファイルシステム NTFS
パーティションテーブル MBR
パーティション区切り無し

当方VISTAで2TBの増設を考えておりますので、上記の設定で行いたいと思います。

初めてのHDD増設で多少不安があったのですが、こちらのページのおかげで
不安なく行えそうです。大変有益な情報を本当にありがとうございます。

またいろいろとパソコンのことで是非参考にさせていただきたいと思います。
2013/02/24(日) 12:23 | URL | mojojojo #-[ コメントの編集]
Re: No title
mojojojoさん、どうもです。

mojojojoはVistaご利用でしたか……私は実はXP → 7とVistaをすっ飛ばしていてVista使用経験はなく詳細の断言はできませんが、上記で挙げられている設定はXP時代からのごく標準的なフォーマット設定なので、特に問題なく利用できると思います。

というかパーティーション分割以外の設定は私と一緒ですしね。

HDDは最近再び値上がり傾向にあるため次の増設はしばらく様子見中ですが、もし次に増設するならHDD容量が4TBレベルが標準になっている可能性があるため、その場合旧PC環境との互換性は捨てて2TB以上のパーティーションにも対応する「GPT」でのフォーマットで対応することになるのかなぁ……などと思っています。

PCに関連する技術環境はまさに日進月歩のため私もまだまだ勉強し続けなければならないですが、また何かの機会にお役に立てれば幸いです!
2013/02/24(日) 14:53 | URL | 管理人(雪陽炎) #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Western Digital HDD 検査・診断ソフト Data Lifeguard Diagnostic v1.27 をダウンロード・インストールしたときのメモ

前々回の記事 と 前回の記事 で 「Seatools」 のダウンロードとインストールと、新しく購入・増設した HDD 【Amazon.co.jp限定】 Seagate ST2000DM001/EWN (FFP) の診断・検査テストを行いました。 Western Digital が公開している HDD 診断・検査ソフト 「Data Lifeguard Diagnostic - WD」...

Western Digital HDD 検査・診断ソフト Data Lifeguard Diagnostic v1.27 を使って Seagate ST2000DM001/EWN の各種テストを行ってみました

前回の記事 でインストールした 「Data Lifeguard Diagnostic - WD」 v1.27 を使って、PC に取り付けた HDD 【Amazon.co.jp限定】 Seagate ST2000DM001/EWN (FFP) に各種テストを一通り行ってみます。

RMA で戻ってきた交換品 Seagate HDD ST2000DM001(Certified Repaired HDD) に各種動作確認テストをしてみました

前回の記事 では RMA から戻ってきた交換品の Seagate HDD ST2000DM001(Certified Repaired HDD) を開封、外観等を簡単にチェックしました。 今回の記事では PCケースに ST2000DM001(Certified Repaired HDD) を取り付け各種動作確認テストをした後に、バックアップ専用のデータドライブとして使用するところまでを記録...
プロフィール

雪陽炎

Author:雪陽炎
 PCやデジタル機器類いじりの他にも、あれやこれやと趣味を持つ器用貧乏な奈良県民。
 初心者向け兼自身の忘備録としてPC及びデジタル機器関連の情報をまとめてます。

参加ブログランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサ-ドリンク
最新コメント
最新トラックバック
Amazon
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

スポンサードリンク
本館/別館サイト
カテゴリ
ブックマーク
最近のチェックリスト / PC関連
最近のチェックリスト / AV関連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。