PC、ゲーム、デジタル機器などの初心者向けの話題や小技などをつらつらと……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年振りのキーボードの分解清掃

 年末ということで、久々にキーボードを分解清掃してみることに。マウスの方は毎年しているにも関わらず、キーボードの方は約2年振り。

 キーボードの分解清掃が億劫になる理由は、やはりマウスと比較して分解する必要がある部品数が多いことかと。
 作業自体は難しいわけではないが、取り外し可能なキートップ全てを抜いて差し戻すだけでもひと苦労なので……

多機能で便利だがキー精度はイマイチ

 今回の清掃対象はワイヤレスマルチメディアキーボード「Logicool MX-3000」。もう5年以上使用している愛着あるキーボードの割に、これまで1・2回程度しか掃除してないという(笑)

 キーボード清掃に使用する道具は以下のようなもの。

 ■ キートップ引抜工具(スプーンの持ち手のような平たい金属板でも代用可)
 ■ エアダスター(ブロアーでも可)
 ■ 綿棒(細い隙間部分の掃除に)
 ■ ブラシ(エアダスターで飛ばない固い汚れの掃除に)
 ■ ウェットティッシュ(汚れが落ちやすいアルコールタイプ推奨)

 本格的にする場合はお湯にマジックリンなどの清掃剤、そしてキートップを戻す際に動作のスムーズ化を図るためのグリスなどを使用することもあるが、今回は取りあえずの簡易的な清掃ということで。

 猛者になると本体をネジレベルにまで分解して基盤等も清掃対象にするようだが、これはワイヤレスということもあり下手にいじるのは避けたかったので、行ったのはあくまでも分解が容易なキートップ部分と本体の表裏の清清掃だけに留めた。
 ワイヤレス&多機能キーボードでない、昔ながらの有線タイプの単純なものなら多分分解も簡単だと思うので、機会があれば手持ちのやつで練習してみたい気もするが、それはまた別の機会に。

続きを読む
スポンサーサイト

増設HDDの初期不良チェック

 先日増設した内蔵HDD「WesternDigital WD20EZRX」を、本格導入前に初期不良がないかどうかチェックしてみることに。

 HDD、特にバルク品は基本的に保証がないあるいはあっても期間が短いものが多いため、HDDの初期不良チェックは特に自作PC派閥な人間にとっては割と重要な作業。
 また今回購入したWDのHDDのように2年間などの長期保証がついているものであっても、不良を抱えたHDDを使ってしまうと重要なデータが消えかねないので、HDDの初期不良チェックは出来る限り行っておくことを推奨。

 HDDの初期不良チェックの行程を簡単にまとめると、

 ■ HDDメーカーサイトより、HDDチェックツールをダウンロード
 ■ HDDチェックツールでフォーマットやゼロフィル書き込みなどのチェックを行う
 ■ 全チェッククリアで合格、ひとつでもエラーが出たら初期不良

 となる。今回はWD製のHDDなのでWDのツールを使用した初期不良チェック行程での紹介だが、基本的にどのHDDメーカーも自社製HDD用のツールは公開しており、手順や検査項目はどれもそう大差ない。
 一応他社製HDDでもチェック可能なツールもあるようだが、特別な事情がない限りはHDDメーカー純正のツールを使用するようにすると余計なトラブルがなくて安心できる。

続きを読む

HDD WesternDigital WD20EZRXを増設

 年末になってようやく安定してきたHDDの価格がわずかではあるが再度上昇傾向にあったので、いい機会だと思い2TBのHDDを購入・増設することに。

色々と良くも悪くも噂があるHDDだが

 購入したのはWesternDigitalの2TB HDD、WD20EZRX。省エネ性能を向上させた「Green」ラベルシリーズの最新型で、現在使用しているデータ保管用HDD「WD20EARX」の後継。
 基本性能的にはWD20EARXとWD20EZRXはほぼ同じだが、WD20EZRXの方は1TBプラッタ×2枚仕様のためかわずかに内部転送速度が向上しており、その分消費電力も微妙に上がっている模様。

 HDDの選択肢としては他にもHITACHIやSeagateそしてTOSHIBAなどがあり、XP時代はずっと安定性と信頼性で人気があったHITACHI製を購入していたが、今回は現PCですでに使用しているWesternDigitalの同じGreenシリーズを選択。
 理由としてはHITACHIのHDD事業がWesternDigitalに買収・統合されたこともあるが特に決定打というわけではなく、単にSeagateは個人的な嗜好で嫌だったということと、価格面の都合だけだったりする。

 ちなみに今回のWD20EZRXはソフマップにて特価の6,480円と、同容量HDDの中ではダントツの安値だった。タイの洪水以前は5,000円台だったことはこの際忘れておく(笑)

続きを読む

見えてきたSC-LX56のオーディオ機能の欠点【総評】

 前々回前回とSC-LX56の音楽再生機能についての不満をあれこれと長々書き連ねてきたので、最後に短く簡潔にまとめてみる。

 今回提示したSC-LX56での音楽再生の不満点は、

 ■ USBメモリでの再生では曲数が多くなるとランダム再生時の選曲速度が遅い
 ■ ネットワークオーディオだと多少は改善されるが、完璧ではない

 複数フォルダーまとめてのランダム再生などはネットワークオーディオでは問題なく行えたので、残った問題は以上の2点となる。

 多少改善されたとはいえやはりまだどこか不満は残る結果だが、全体としてどうかといえば、SC-LX56自体には特に大きな不満は残ってなかったりする。
続きを読む

見えてきたSC-LX56のオーディオ機能の欠点【ネットワークオーディオ編】

 今回は前回「見えてきたSC-LX56のオーディオ機能の欠点【USBメモリ再生編】」の続きということで、SC-LX56のネットワークオーディオ機能についての愚痴と与太を。

 前回で述べた通り、それなりに便利ではあるけれど、ある程度使い込んでいくと不便を感じるようになるUSBメモリでの音楽再生環境。
 それを改善するべく、次に手を出したのがSC-LX56が標準搭載しているネットワークオーディオ機能による音楽再生。

 しかしネットワークオーディオの利用には

 ■ LAN上にNASを設置する
 ■ PCをファイルサーバーとする
 ■ ルーターに簡易NAS機能がある場合、それを利用する

 上記のいずれかが必要となる。私の場合現時点ではNAS未所有のため、ネットワークオーディオを利用するならば必然的にPCをファイルサーバーとして利用するか、ルーターの簡易NASを利用するかの二択となる。

 最初はルーターの簡易NAS機能を利用しようと考えたが、手持ちの外付けHDDは容量は音楽ファイル用としては必要十分(250GB)なものの、2000年初頭の年代物のためかルーターとの相性問題かは分からないがうまく簡易NASとして機能しなかったため、やむを得ずPCをファイルサーバーとして利用することに。

 が、ここで問題となったのは前回の最後で少し触れた通り、PCをファイルサーバーとして確立してSC-LX56に認識させる場合Windows7だとホームグループを構築する必要だが、私はなるべくこの設定に触れたくはなかったという事情があった。
続きを読む

見えてきたSC-LX56のオーディオ機能の欠点【USBメモリ再生編】

 購入して約2ヶ月が経った我が家のホームシアターの中核を成すAVアンプ「SC-LX56」。まだ十分に使い込んでいるとは言い難いが、そろそろ気になる点もちらほらと見えてきたりする。
 特に今回問題にしたいのは、普段使いの中で最も長時間使い込んでいるオーディオ関連の機能について。

 SC-LX56で音楽を鳴らす場合、方法として

 ■ CDプレーヤーなどを接続する
 ■ USBメモリ(あるいは外付けHDD)を使用する
 ■ ネットワークオーディオ機能を利用する
 ■ AirPlay機能を活用する

 などがあるが、私が主に使用しているのはUSBオーディオあるいはネットワークオーディオによるmp3やFLACなどの音楽ファイルの再生になる。
 今回はこのUSBメモリでの音楽再生について、ここ最近出てきた不満に感じる点について愚痴っぽく与太話でもしようと思う。
続きを読む

プロフィール

雪陽炎

Author:雪陽炎
 PCやデジタル機器類いじりの他にも、あれやこれやと趣味を持つ器用貧乏な奈良県民。
 初心者向け兼自身の忘備録としてPC及びデジタル機器関連の情報をまとめてます。

参加ブログランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサ-ドリンク
最新コメント
最新トラックバック
Amazon
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

スポンサードリンク
本館/別館サイト
カテゴリ
ブックマーク
最近のチェックリスト / PC関連
最近のチェックリスト / AV関連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。