PC、ゲーム、デジタル機器などの初心者向けの話題や小技などをつらつらと……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCスピーカーのスピーカーケーブルを交換してみた

 前回色々言いましたが、結局買ってしまいましたよ……新しいスピーカーケーブル、「モンスターケーブル NMC」です。
 用途はもちろんPCスピーカーのGX-70HD用。実はこの手の切り売りスピーカーケーブルを購入・使用するのは初めてです。



 購入はヨドバシ梅田にて、840円/mを2m分で合計1,680円。実際にはポイントで購入したため、実質的には無料でしたが。

 購入したのはあくまでもPCスピーカーの配置換えに伴うスピーカーケーブルの長さ不足解消であって、決して音質改善とかが目的ではありません。
 ……ありませんが、せっかく購入するんだから、まぁそこそこ良いケーブル買ってもまぁ別にいいよね、と(笑)。

 あくまでも長さのためだから、別に音質が改善されなくても精神的ダメージ少ないし(笑)。

 一応候補はメートル当たり500円から高くても1,000円までの範囲で、カナレやベルデン、オルトファンなどの同価格帯ケーブルも比較しました。しかし最終的に、

 ■ 840円/mという、安くはないけど高くもないお手頃価格
 ■ 同価格帯の中では太めの芯径φ3.0mm
 ■ ONKYOのスピーカーだから、やはりONKYO販売のケーブルで……

 などから、シールド保護採用かつアウトレットにて2.2m分が2m価格で販売されていたオルトファンのケーブルや、モンスターケーブルシリーズでNMCの下位のXPやXPHPなども考えましたが、最終的にはGX-70HDのスピーカーターミナルにギリギリ入る太さのケーブルであったNMCを選びました。

 一応導線が太い方が音質的には細いものよりも良いという話を聞いていましたので……ホントかどうかは知りませんが。
 ただ導線の太さの話がどうであれ、このクラスのスピーカーケーブルをGX-70HDレベルのPCスピーカーに使用するのは明らかにオーバースペックかもです。

 まぁ分かっててやるんですからいいんですが(笑)。
続きを読む
スポンサーサイト

ASIO4ALLとMusicBeeの設定変更による諸問題の劇的改善

 先日導入した、ASIO非対応のデバイスでもASIOが利用可能になるという夢のフリーソフト「ASIO4ALL」。
 しかし期待に胸をふくらませつつMusicBeeにて利用してみたものの、その結果は少し残念なものであったことは先日お伝えした通り。

 その音質改善効果を期待していただけにあまり芳しくないその結果には割と落胆していたものの、インストールしたASIO4ALLはデフォルト設定のまま使用していたということもあって、少しでもその残念な結果を改善するべくこの数日設定をちょこまかといじっていたわけですが……

 結論から言ってしまえば、ASIO4ALL及びそれを使用するMusicBeeの設定を変えたことで、

 当初の問題及び音質が劇的に改善されました。

 正直、ここまでの効果があるとは思わなかった……

 改善された問題及びその改善策は以下のふたつ。

 ■ 音割れが目立つ曲が多い → ASIO4ALLの設定変更で改善
 ■ 曲によって左右どちらかの音声が聞こえなくなる → MusicBeeの設定変更で改善

 少しずつ設定を変更し、その都度曲を聴きつつ変化を試しているうちに、当初の問題はすっかり改善され、結果全体的な音質も劇的に向上するという結果に。
続きを読む

イヤホン破損に伴い新イヤホンSONY「MDR-EX310SL」購入へ

 通勤時に使用していたイヤホンが、行きは問題なかったのに帰社時に使ってみると断線したのか左側から音が鳴らなくなってた……。
 というわけでその脚でヨドバシ梅田へと赴き、新しいイヤホンを物色してきました。約1時間に及ぶ選考の末、選択したのはコレ。

簡易包装でもっとお安くならない?

 ソニーの密閉型インナーイヤーレシーバー NUDE EXモニターシリーズの「MDR-EX310SL」を3,980円で購入。
 価格.comでの最安値はもっと下だったけれど、まあ今回は緊急だったので。定価が5,900円ということを考えればまぁ上等な価格と納得。

 そういえば中学時代にウォークマン購入してから、イヤホンはなぜかずっとソニーのを使ってますね……壊れたイヤホンも旧式のソニーのNUDE EXシリーズだったし。
 ただ、イヤホンは買い換える事にどんどん高価なものを選ぶようになっていってますね……前回のイヤホンが確か2,000円台だったので、今回は約2倍近くの価格になることに。

 このまま行くと、そのうちイヤホンに万単位でつぎ込むことになるかも……本来屋外使用のイヤホンは用途上ケーブルの接続部分などの断線やユニットの破損などが多くなるため、そこそこの安物を使い潰して……という購入&使い方をしてきたんですけどねぇ……。
続きを読む

ASIO4ALLを導入してみる

 PCオーディオの音質向上手段のひとつとして以前から考えていたASIO4ALLを、遅ればせながらこの度ついに導入することに。

 ASIO(アジオ)について簡単に説明すると、ASIOとは「Audio Stream Input Output」の略であり、独Steinberg社が提唱したオーディオ関連ハードウェア-ソフトウェア間のインターフェース規格のこと。

 ASIOはオーディオ信号を扱う際の遅延(latency(レイテンシー))を短くできるのが特徴で、ASIOドライバを使用すればWindows標準のオーディオドライバ等のように内部処理のためのKernel Mixer(カーネルミキサ)を通す必要なくオーディオ信号を出力できるため、

 ■ カーネルミキサを使用しない分、遅延を最小限に抑えることが可能
 ■ カーネルミキサによる音質劣化の原因となるジッターノイズの影響を受けることがない

 という恩恵を受けることができます。まあレイテンシーを抑えることの恩恵を感じられる人はそういないだろうから、得られるのは主にカーネルミキサを介さないことによるジッターノイズの影響の除去でしょうか。

 あと、カーネルミキサを通さない場合、同条件でも視聴でも音量が大きくなります(本来はカーネルミキサを介することでOS側が音量等の調整を行っていたので)

 しかしASIOを使用するにはASIOに対応したハードウェア(サウンドカード等)とソフトウェア(ミュージックプレイヤー等)が必要になります。
 この問題をクリアしたのが今回導入する「ASIO4ALL」という、ASIO非対応のハードウェアでもASIOを利用できるようにするというフリーソフトです。

 ASIO非対応のデバイスしかなくともASIOを使用できるという、PCオーディオに興味がある人には夢のようなソフトですが、正式対応のASIOには残念ながら及ばない、フリーソフトであるが故に導入・使用は自己責任等の制約もいくつかあります。

 しかし何といっても無料なので、試しに導入しても損はないかと。もし不都合があるようなら使用を止めればいいだけですしね。

 ちなみにASIO4ALLを導入する環境を簡単に。

 OS : WinodwsXP SP3
 使用サウンドデバイス : オンボードサウンド(SoundMAX HD Audio)
 使用ソフト : MusicBee Ver.1.2.4218
続きを読む

MusicBeeを日本語化してみる

 そこそこ軽量かつ高性能ということで、いつからかWinampに代わって使い始めた音楽ソフト「MusicBee」。唯一の難点であった日本語に未対応という部分がいつの間にやら改善されたと知り、早速導入してみることに。

 と、その前にMusicBeeを最新版に更新。Ver.1.2シリーズはVer.1.2.4218で最終とのことで、この最終Verが出ているのを知ったのもつい先日でした。
 MusicBeeを最新版に更新が完了し、次はいよいよ念願の日本語化に挑戦。ちなみに日本語化のためのランゲージファイルは本体同様公式サイトにて配布されています。

 ■ MusicBee 公式サイト : http://www.getmusicbee.com/
 ■ 公式フォーラム : http://getmusicbee.com/forum/index.php?topic=3258.0

 公式フォーラムより「Japanese」を選択し、ランゲージファイル「Japanese.lng」をダウンロードします。

 後はダウンロードしたJapanese.lngをMusicBeeインストールフォルダ内にある「Localisation」に入れ、設定より日本語を選択すればめでたく念願のMusicBee日本語化が完了!

 ……が、確かにMusicBeeは日本語化されたものの、

 翻訳された日本語の多くが意味不明

 という致命的な問題が。正直言ってこれじゃあ英語のままの方がまだ使いやすかった……。

 しかしネット上を色々と調べてみると公式フォーラムで配布されているランゲージファイル以外に、どうやら結構まともな日本語化が期待できるランゲージファイルが有志の方によって作成・配布されているらしいとか。

 捨てる神あれば拾う神あり。早速そちらのランゲージファイルを試してみることに。

続きを読む

関連記事Loaderをさらにほんの少しだけカスタマイズ

 先日紹介した関連記事Loaderのカスタマイズですが、色々いじくっているうちに「もしかしてこれもできるかも」と思い至り、さらにもうちょっとだけ手を加えてみました。

 今回してみたのは、タブのアクティブ時と非アクティブ時の文字の大きさを変えてみること。

 かいつまんで言うと、選択しているタブの文字は大きく、選択していないタブの文字は小さくなるようにカスタマイズしてみました。

 つまり、こんな感じに。

110803_01.jpg

 選択しているタブ(「PCオーディオ」)と非選択のタブで、文字の大きさが異なっています。微妙ですが(選択タブは14px、非選択タブは12px)。

続きを読む

プロフィール

雪陽炎

Author:雪陽炎
 PCやデジタル機器類いじりの他にも、あれやこれやと趣味を持つ器用貧乏な奈良県民。
 初心者向け兼自身の忘備録としてPC及びデジタル機器関連の情報をまとめてます。

参加ブログランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサ-ドリンク
最新コメント
最新トラックバック
Amazon
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

スポンサードリンク
本館/別館サイト
カテゴリ
ブックマーク
最近のチェックリスト / PC関連
最近のチェックリスト / AV関連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。