PC、ゲーム、デジタル機器などの初心者向けの話題や小技などをつらつらと……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Philips シェーバー替刃「HQ8/51」購入

 数ある電動シェーバーの中でも特に肌に優しいことで有名なPhilips製シェーバー。愛用しているのは結構昔の下位モデルの「HQ7310」だが、最近シェーバー中によく引っかかりなどの違和感を感じるようになり、たまに出血も見られるようになったことなら刃の劣化を疑い、交換することに。

HQ8/51

 本体自体が既に生産完了製品であり、当然説明書記載の型番の替刃もすでに生産完了してしまっていたので、その後継互換品である「HQ8/51」を購入。

 説明書を見ればヘッド(刃)は約2年で交換するように書いていたが、よくよく考えてみればヘッドは定期的な清掃欠かさなかったものの購入時のまま一度も交換していなかった……その期間約4年。そりゃあ切れ味鈍るわけだ(笑)
続きを読む
スポンサーサイト

Panasonic ヘアードライヤー「イオニティ EH-NE55」購入

 これまで使用していたドライヤーが最近調子不良の上焦げ臭い臭いまで放ち始めたので、本格的な発火事故でろくでもない目に遭う前に新ドライヤーを購入。

緑は緑で結構良い

 購入したのはパナソニックのドライヤー「イオニティ」。本当は別のカラーが欲しかったが、あいにくAmazon最安値がこの色だったので、色と性能は無関係と妥協して購入。
 今回購入したのはパナソニックのドライヤーの中では安価な部類に入る下位グレードだが、これまで使用していたのが
ノーブランドの安物であることを考えると、これでも結構良い買い物だった。

 一応マイナスイオン機能はあるものの、正直ドライヤーには単純な乾燥に関する性能以外のものは一切求めていないため、今回の購入基準は

 ■ 価格(できるだけ安価)
 ■ 風量(乾燥性能重視)

 の2点のみを考慮し、価格と性能、そしてネット上の人気などから判断した上でこのイオニティ購入に至った。

 正直言ってマイナスイオンも個人的に明確な効果が認められない以上無用の長物だが、最近のドライヤーは何故かマイナスイオンやそれに類する機能が付属しているものの方が多かったため、マイナスイオンに関してはあってもなくてもどっちでもいいというスタンスだった。
続きを読む

SANYO 充電機能付キャリングケース NC-WL01 購入

 今はもう存在しないSANYOブランドのQi規格対応のワイヤレス充電機器、「単3・単4形ニッケル水素電池用充電機能付キャリングケース NC-WL01」を購入。

今はもう懐かしいeneloopの文字

 購入理由はごく単純で、所有Qi対応機器がNexus7だけなのが少し寂しかっただけという(笑)

 購入はChargePad同様Amazonにて。価格は単3型エネループが2本ついて1,200円前後。今はもう店頭には存在しない「eneloop」の鮮やかな青色のロゴが美しく光る単3電池2本を入手できることを考えれば非常に安価。
 正直パナが「eneloop」の文字に代わり自社の名前を同等と表示した、あんな下品な電池を我が物顔で量産し始めた時には本気で縁切ろうと考えてたくらいだ(笑)

 言い過ぎかもしれないが、私の叔父がその昔SANYOの偉いさんだったのでどうしてもねぇ……
続きを読む

Panasonic 無接点充電パッド ChargePad QE-TMT101-K 購入

 WPC策定のワイヤレス給電規格「Qi(チー)」対応のPanasonic製無接点充電パッド「ChargePad QE-TMT101-K」を購入。
 「Qi」とは要は有線ではなく無線で機器を充電するための規格で、これはその給電側の機器。Qiに対応する機器を上に乗せるだけで充電が可能という実に未来道具的な機器。

ChargePad QE-TMT101-K

 購入した理由はもちろん、私が所有する唯一のQi対応規格機器である「Nexus7(2013)」に使用するため。
 別段なかったらなかったでさして不便でもないが、こうした新技術はどうしても一度は使ってみたいタチなので(笑)

 購入は調べる限り最安値のAmazonにて。ただこれ自体が未来技術であるにも関わらず割と安価(実店舗でも4千円前後程度)で、最近ではNexus7効果……かどうかは不明だが品薄傾向っぽいので、あまり誤差程度の価格差に拘らず見つけた時に購入した方が吉かも。

 ちなみにカラーはホワイトとブラックがあり、何故かブラックの方が割安。実店舗ではホワイトしか見たことがないので、何か理由でもあるのだろうか……
続きを読む

日立 ハイポジション扇 HEF-800HR 購入

 もう10年近く使用し続けていた扇風機が不具合をちらほらと起こし始めていたので、良い機会と思い新しい扇風機を購入してみた。

HEF-800HR

 購入したのは日立リビングサプライのハイポジション扇「HEF-800HR」。日立の最近流行のDCモーターではない通常タイプ扇風機としては最上位機種に位置づけられているもので、

 ■ 微風(うちわ風)~強風まで4段階の風量を選択可能
 ■ 就寝時に役立つ表示の減灯・操作音の消音機能
 ■ LED表示の切・入タイマーを同時に設定可能
 ■ 首振り角度を45°・70°・90°の3段階で調節可能
 ■ リモコン付属
 ■ やさしい風を生み出す8枚羽根仕様

 などが主な特徴。

 ちょうど良く近所のジョーシンがセール中だったので、便乗して値切り猛攻仕掛けたところネット最安値とほぼ同価で購入できた。
 これまで購入・使用してきた扇風機はせいぜい2~3千円程度のものばかりで、いわゆる「高級機」はこれが初めてだったりするので、正直どんなものかと情報収集時より結構楽しみにしていた。

 ただ高級だからと言って良い面ばかりではなく当然気になった欠点もいくらかあったので、合わせてレビューしてみることに。
続きを読む

エネループが異常発熱

 通勤用の鞄の中に入れていたエネループが異常発熱していた……

今回の主犯達

 会社より帰宅して家の鍵を取り出してみると触れた途端に火傷してしまい、何事かと思って鞄の中を探ってみたら、鞄の上から触っても分かるくらいに発熱している物体が……鞄をひっくり返して中身を出してみると、それがエネループだった。

 ……まぁ電池以外に発熱するようなモノなんて他にはないので(強いて言えば携帯電話ぐらい?)、出す前からある程度予測はしていたが。

続きを読む

ソニーのスマホ型最新ウォークマンが少し気になった件について

 昨日、AV Watchにてソニーが新型ウォークマン「NW-Z1000」シリーズを発表したとのニュースを目にしました。
 4.3型、480×800ドットの液晶ディスプレイを搭載したウォークマン最上位モデルとのことで、最大の注目ポイントがOSに「Android 2.3」を搭載しているという点。

 つまり、早い話がこれは単なるウォークマンではなく、通話機能のない「スマートフォン」であるということです。
 実際に機能面でもカメラやワンセグ、おサイフケータイ機能がないだけで、実質的にソニーのスマートフォン「Xperia」と何ら遜色がない仕様。

 次期携帯をスマートフォン、それもソニーのXperia狙いであった私にとって、これはちょっとした注目の一品ということで、少しこの最新ウォークマン「NW-Z1000」について簡単に考察してみることに。
続きを読む

イヤホン破損に伴い新イヤホンSONY「MDR-EX310SL」購入へ

 通勤時に使用していたイヤホンが、行きは問題なかったのに帰社時に使ってみると断線したのか左側から音が鳴らなくなってた……。
 というわけでその脚でヨドバシ梅田へと赴き、新しいイヤホンを物色してきました。約1時間に及ぶ選考の末、選択したのはコレ。

簡易包装でもっとお安くならない?

 ソニーの密閉型インナーイヤーレシーバー NUDE EXモニターシリーズの「MDR-EX310SL」を3,980円で購入。
 価格.comでの最安値はもっと下だったけれど、まあ今回は緊急だったので。定価が5,900円ということを考えればまぁ上等な価格と納得。

 そういえば中学時代にウォークマン購入してから、イヤホンはなぜかずっとソニーのを使ってますね……壊れたイヤホンも旧式のソニーのNUDE EXシリーズだったし。
 ただ、イヤホンは買い換える事にどんどん高価なものを選ぶようになっていってますね……前回のイヤホンが確か2,000円台だったので、今回は約2倍近くの価格になることに。

 このまま行くと、そのうちイヤホンに万単位でつぎ込むことになるかも……本来屋外使用のイヤホンは用途上ケーブルの接続部分などの断線やユニットの破損などが多くなるため、そこそこの安物を使い潰して……という購入&使い方をしてきたんですけどねぇ……。
続きを読む

新DIGAとスカパーHDを同時導入

 昨年末にREGZA 55ZG1を購入してからいつかは……とは考えていた、スカパーHD録画対応のHDDレコーダーとスカパーHDを、ついに導入しました!しかも同時に。

左がDIGAで、右がスカパーHDチューナー

 購入したのは

 ■ Panasonic Blu-ray DIGA DMR-BZT700
 ■ Panasonic スカパーHD対応DVRチューナー TZ-WR320P

 以上の2機種。どちらもパナソニック製です。

 本当は秋頃に発表されるDIGA新機種に合わせて値下げされると思われる旧型機種を狙おうとしていたのですが、狙うはずのDIGA DMR-BZT700が7月の地デジ化の余波で品切れ&生産終了が相次いでいたので、慌てて購入を決意。

 購入は近場のPitOneジョーシンにて、表示価格12万から交渉にて96,800円に値下げしてもらいました。
 価格.comの最安値には届かないものの、エコポイントで入手したVISAギフトカード7万円が使えたため最終購入価格は5年間保証を含めて実質3万程度。

 チューナーの方はスカパーからのレンタルで使用することに。何年か使い続けていれば、それまでの使用期間に応じた価格での購入もできるようです。

 両方同じパナソニックブランドにしたのは、DIGAの方は以前からずっとDIGAシリーズを使い続けていたこととが最大の要因で、チューナーの方はネット上の評価や人気などから。
 最初はSDの時と同様にソニーのチューナーにしようかと思っていましたが、どうもソニー製のHDチューナーは色々と不具合も多く評判が良くなかったので……。

続きを読む

SONY リモートコマンダー RM-PLZ530D 購入

 いわゆる学習リモコンの「リモートコマンダー RM-PLZ530D」を購入。現在PSNでの情報流出問題で何かと話題のソニー製だが、別にそれがリモコンの性能とは関係ないので(笑)
 事実、RM-PLZ530Dは数ある学習リモコンの中では最も人気が高い機種らしく、方々で高い評価を得ているようです。

SONY リモートコマンダー RM-PLZ530D


 学習リモコンを購入する一番よくある理由として「複数個あるリモコンをひとつにまとめたい」というのがありますが、私の場合はそうではなく、

 ■ 現在使用している「DIGA DMR-BW850」のリモコンが使用しにくい
 ■ DMR-BW850で「詳細ダビング」を行うための手順が面倒

 というふたつの問題を解消するために購入を決意。

 購入は2011年5月時点で価格.com最安値のAmazonで、価格は3,300円にAmazonギフト券1,000円使用の、実質2,300円。思ってたより安く購入できました。

 「複数個あるリモコンをひとつにまとめたい」が一番の目的ではないとは言え、せっかく複数個のリモコンをまとめることができるのだから、取りあえず

 ■ LED REGZA 55ZG1(液晶テレビ)
 ■ Panasonic DIGA DMR-BW850(HDDブルーレイレコーダー)
 ■ SONY DST-SP5(スカパー!チューナー)
 ■ 照明リモコン

 以上の4つをまとめてみました。

 スカパー!チューナーと照明リモコンは別段特筆すべき改善点はなかったけれど、主目的であったDIGAリモコンと、最初は特に気にしていなかったREGZAリモコンのふたつについては劇的な改善がありました。

続きを読む

プロフィール

雪陽炎

Author:雪陽炎
 PCやデジタル機器類いじりの他にも、あれやこれやと趣味を持つ器用貧乏な奈良県民。
 初心者向け兼自身の忘備録としてPC及びデジタル機器関連の情報をまとめてます。

参加ブログランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサ-ドリンク
最新コメント
最新トラックバック
Amazon
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

スポンサードリンク
本館/別館サイト
カテゴリ
ブックマーク
最近のチェックリスト / PC関連
最近のチェックリスト / AV関連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。