PC、ゲーム、デジタル機器などの初心者向けの話題や小技などをつらつらと……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Loading...

XP搭載サブPC、ついにご臨終……

 ついにというかようやくというか、メインにWindows7機を購入してからもサブとして稼働し続けていたPCが、先週末頃の起動動作途中に致命的な支障を来すようになり、ついにご臨終した。

150705_01.jpg

 2007年に購入後、約7年半は稼働し続けたことになるのだから、PC全体としてはまぁ寿命と言えば寿命なのでそこら辺は諦めも付くが、サブとは言えメインと平行して日常使用していた準現役機だったため、原因の調査やデータの移行作業やら何やらで今週は丸々時間を取られてしまった……

原因は恐らく電源

 症状としては電源投入後、ファンが起動と停止を繰り返し、HDDアクセスランプの点滅が「カチ・カチ……」と極めて不規則になったまま一向にOSどころかBIOSが立ち上がらないというもの。
 分解しての詳細なチェックはしていないものの、メイン機でのHDDチェックや目視確認でのマザーボードチェックではそれらに異常は見られなかったので、恐らく原因は電源ユニットにあるものと判断。

150705_02.jpg

 電源はAntecのEA-650。2011年1月に購入・交換したもので、もし本当に電源が原因なら約4年半でご臨終したことになる。

 こともあろうに購入時から7年以上無故障なM/BやHDDではなく、一度故障を経て交換した電源ユニットが再度故障とは何とも微妙に嫌な感じだが、まぁ一般に電源の寿命は3~5年程度と言われていることを考えれば、まぁ十分本来の仕事は果たしてくれた上での永眠と考えてもいいのだろう。

150705_03.jpg

 取りあえずHDDは取り外して、外付けHDDケースに移植してデータをメイン機に移行。これは2007年にPC購入時からOSインストールHDDとして7年間稼働し続けてきたにも関わらず、故障どころか不穏な動作ひとつ起こさなかった耐久性最強の逸品。

 さすがはHITACHIのDeskster……お値段が高いだけはあると納得のいく性能と信頼性。

 取りあえずこのHDDは一時外付けHDDケースに組み込んでおき、しばらくの間はバックアップ用HDDとして余生を過ごしていただくことに。

サブPCに今後について

 故障の原因が電源にあるとしたら、要は再び電源を交換してやればサブPCは再生するはず。だがサブPCがXP機であることを考えると、さすがに今回の故障は「もう眠らせてやれ……」という天の啓示に聞こえるような気がしないでもない(笑)
 取りあえずこれからどうするかの前に、原因調査とデータ移行で潰れたこの一週間分の他のあれこれをこれからの一週間で消化する必要があるので、サブPCの今後はそれ以降にゆっくり考えていこうかと。

 約7年も共にあり続けたPCなのだから、このまま廃棄ということは多分ない。金もかかるし(笑)



Loading...
コメント
修理してみたら いかがですか
はじめまして 通りかがりました おじさんです
電源を開けて
膨らんだり お漏らししたコンデンサを交換し
ファンのシールめくってグリスを入れるだけで
90%位の確率で直りますよ!
2015/07/08(水) 23:33 | URL | おじさん #RV3TGl7I[ コメントの編集]
Re: 修理してみたら いかがですか
はじめして。管理人の雪陽炎です。
まさか電源の修理案が頂けるとは(笑)

ご意見賜りまして、少しコンデンサ交換について調べてみましたが、
なるほど、ファンのグリスアップはともかくとしてコンデンサ交換は
少し敷居が高そうですな(笑)
半田こて等の道具も持ってないし、まだどうするかは未定ではありますが、
今回は大人しくユニット交換した方がいいかも……電源内部もまだ
確認していないことですし。

ただ電源の修理にも少し惹かれるものがあるのも確かなので、どうせ廃棄する
電源なら、一度試してみてもいいかとちらっと考えがよぎりました(笑)
2015/07/10(金) 21:40 | URL | 管理人(雪陽炎) #-[ コメントの編集]
同様の症状で、、
通りすがりで記事に目を通して、同じような経験をしたので、ご参考になるかなと。

実は、自宅のPC4機のうち、3機がXPベースのもの。古いのは、セントリーノが出て程なく2003年入手のノート。メーカ保証外のメモリー増加(計2GB)、SDD換装(IDE接続からm-SATA変換に移行し2代目SDD)で稼働中。(メインOSはKonalinux 3.0 Blackだが、時折必要に迫られXPでも稼働。XPの場合は、カードスロットにCF32Fをハードディスク認識させてます。Linuxでは認識不可)

次に古いのが、2007年入手のコンパクトPC。当時出たてのCoreDuoですが、最大メモリーが規格で2GB止まり。SDD換装。そしてRatocのVGA-HDMI変換を噛ませて居間の52インチTVに接続、おまけにTeacのUS366オーディオインターフェース、もしくはAmulechのUSB DACを介して、40年近く愛用のサンスイのアンプに繋いで音楽鑑賞もできます。システムは、UbuntuStudio、XPのdual boot。子供たちや家人の観賞用にこの5年位活躍してます。

こいつが昨年末に突然記事と同様の状況に。ネットを色々検索して修復を試しても復帰せず、私も電源ユニットの寿命と諦めかけました。ところが、ウェッブ情報でその可能性は低いと言われてる方法を試したら復帰しました。

何と、CMOS用のリチウム電池の交換です。

最後の最後に、たまたまストックしているボタン電池の中に同じのが有ったんで、ダメ元で入れ替えたら、起動音とともに復活した際には、驚きと嬉しさ余って大声をだしました。

ひょっとしてが有れば。。

ところで3台目のノートは、2008年中頃に入手のもの、こいつは高性能グラフィックプロセッサ搭載で当時話題に成ったんですが、実は4年目位にこのGPUの発熱で表示機能が失われました。気に入ってたので、メーカ保証関係なしで、某修理業者に基盤のリボールとGPUの新バッチへの交換を行い復活、爾来XPとUbuntuで書斎用メインで使用。昨年XP側を弄りすぎでシステム構成を復活できなくしてしまったので、爾来Linux一本で使用中。こちらも飛鳥のExpressカードCFDアダプターを刺してHD認識し、0スピンドルです。(こちらはLinuxでも認識してます。)

ということで、中々PCの買い替え時期が来ない我が家です。
2017/02/10(金) 12:48 | URL | IM #-[ コメントの編集]
Re: 同様の症状で、、
IM様、はじめまして。管理人の雪陽炎と申します。

実はこの記事のPCではないのですが、現在使用しているWin10のPCが同様の症状につい先日見舞われ、仰るとおりCMOSの電池交換で見事復活するという事態が起こったばかりでした。何というタイムリーコメント(笑)

こういうことってあるものですね……まさか明らかに電源異常な症状の原因がM/Bの電池にあったとは。

しかしIM様はかなりPCスキルがあるようで羨ましい限りです……私もこのPCを新PC購入後にLinuxで復活させようと画策はしたものの、結局色々あってお蔵入りにしてしまいました……。

今回はご助言ありがとうございました!現在はWordPressで構築した別ブログにて運営中なので、そちらもまたよろしくお願いします!
2017/02/13(月) 00:14 | URL | 管理人(雪陽炎) #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

雪陽炎

Author:雪陽炎
 PCやデジタル機器類いじりの他にも、あれやこれやと趣味を持つ器用貧乏な奈良県民。
 初心者向け兼自身の忘備録としてPC及びデジタル機器関連の情報をまとめてます。

参加ブログランキング

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ にほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ
にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
最新記事
スポンサ-ドリンク
最新コメント
最新トラックバック
Amazon
楽天
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

スポンサードリンク
本館/別館サイト
カテゴリ
ブックマーク
最近のチェックリスト / PC関連
最近のチェックリスト / AV関連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。